ビジネスに欠かせない名刺の印刷で気をつけること

日本のビジネスシーンにおいて必ず目にする名刺交換ですが、渡す際には様々な細かいマナーがあります。
まず、名刺とは相手そのものとも言える物ですので丁寧に扱うのは当たり前ですが、扱い方として社名や氏名の上に指を乗せない・交換の際には自分の名刺を下にする・上司より先に渡さない・メモを書かない・目上の方から渡してくれた場合には一言添えてなど他にも注意点はいくつかありますが、もっとも重要なのは渡す名刺の印刷内容です。
自分の情報を正確に伝えるために多くの情報を入れがちですが、読みづらくなっては相手の事を顧みていないことになりますので、分かりやすい内容で収められるような工夫が大切です。
印刷内容には自分の情報を正確に伝えるために多くの情報を入れてしまいがちですが、読みづらい内容では相手の事を顧みていないと取られてしまう可能性もありますので、端的にかつ分かりやすい内容に収められるような工夫が必要です。
近年では従来の様式に囚われず個性的な形・色・デザインで他との差別化を図ると共に個性を活かした物もありますが、内容に関しては必要最低限として氏名・社名及びロゴ・部署及び役職名・連絡先などは必ず入れましょう。